大学生向けのバイト


バイトも大学生になると、幅が広がってきます。高校生のときはできなかったバイトも大学生になるとできるようになり、拘束される時間や時給も自由になってきます。18歳以上ただし学生不可など大半は、高校生であることを示し、大学生の場合は可能であることも多いのです。年齢の問題だけでなく、条件として大学が重視されるバイトもあります。それは家庭教師です。

家庭教師は主に学生もしくは就学前の子供に勉強を教えるもので、それなりの学力を有します。大学入試という定められた学力が必要なものに合格している学生であるならば、その資格はあると判断されるのです。ただ家庭教師と一言でいっても、その種類は多岐に及びます。先に述べたように学生や就学前の子供に勉強を教えるのですが、年齢の幅は広く、それに伴い勉強の意味が変わってくるのです。

たんに成績が悪く、学力の底上げを行いたい場合もありますし、難関大学の受験に備える生徒もいます。生徒の割り振りなどは斡旋業者が行いますが、斡旋業者も商売ですので、目玉となる「売り」があります。難関大向けの業者や、中学、高校受験、成績アップなど業者によって様々です。そのため生徒たち(その親)は、それに合わせて実績のある業者を選ぶのですが、そうすると同じようなタイプが固まることになります。需要と供給を考えると、自分が教えられる範囲(向いている範囲)の生徒が多い業者を選んだほうが、より効率のよいバイトになるのです。